« 審査の甘い消費者金融 | トップページ | ブラック融資案内 »

ブラックリストで本当に融資を判断している?

以前に借金の支払いの期限を過ぎたことが何度もあったりすると、「ブラックリストに載ったから融資が受けられなくなった」なんて話を耳にしますよね。

こんな話を聞くと、そういった遅滞があったりするような人を一覧にまとめた「ブラックリストで融資を判断しているのではないかと考えてしまうのもむりはありません。

しかし実際には、個人信用情報機関に問い合わせたときに氏名、生年月日、住所、電話番号、職業、勤務先などの個人情報や、借入金額や、借入期間、完済履歴などの、「ホワイト情報」と遅滞、破産、行方不明、代位弁済、法的処理などの「ブラック情報」と呼ばれるものを分けて記載されているだけです。それを消費者金融の御者は紹介しながら、あなたに融資するか判断しているのです。

つまり、はっきりと「この人はブラックですので融資できません」というようなリストが存在するわけではなく、あくまで業界で共有されている情報機関に、紹介したときに融資するか判断材料がそこに存在するだけです。客観的な情報から、業者が個別に判断しているだけなのです。

だから、ある業者で融資が断られた後に他の業者でも融資を断られた経験のある人が、そのような「ブラックリスト」があるのではないかと想像して、このような言葉がうまれたといえます。ただ、業界内で共有されている情報が存在するという点では、ブラックリストに近い情報は存在すると言ってもいいのかもしれません。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

« 審査の甘い消費者金融 | トップページ | ブラック融資案内 »

ブラック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/530006/10894367

この記事へのトラックバック一覧です: ブラックリストで本当に融資を判断している? :

« 審査の甘い消費者金融 | トップページ | ブラック融資案内 »