« 2010年4月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月の1件の投稿

最先端の合法ハーブ

芸能人の薬物使用でかなり問題になっています。

合法ドラッグには、いくつかタイプがあるようで、麻薬の分子構造を変えて、法の抜け穴をついたデザイナードラッグというもの。

精神機能を改善させると言われているスマートドラッグ、ナチュラル系と言われるお香や植物のもの、広義にはリタリンなどの坑うつ薬も含まれるそうです。

ハーブとは?

薬効の効果脳などのある薬草のことで、スパイスなどとしても用いることもある。

ハーブの中には、食用として利用できるもの、香りを楽しむためのもの、両方できるもの、それ以外を目的としたものに別けられる。

ハーブを暮らしの中に取り入れることで、癒しの効果が望まれます。

合法ハーブを実際手にしたことがある人は、合法ハーブの形容が草花を乾燥させた状態のものが多く存在してると存じてるでしょう。

乾燥させた植物系の合法ハーブの中でも、ごく々稀に使用されている植物があります。

ナチョナルハーブ 選ぶ参考に 脱法

デザイナードラッグとは?

デザイナードラッグ("Designer drug")は「アップル」「メロン」「パイナップル」と呼ばれる商品名で、現存する麻薬の分子構造を組変える事により、現行法では対処できなくなっている薬物のこと。

広い意味では、単に今あるドラッグの分子構造を組変えた事により作られた合法ドラッグのことを言う。

使い方 病気 体験

スマートドラッグとは?

略称は、スマドラってよく言われています。

頭のよくなる薬として有名です。
  頭がスカっとする、冴えた状態、つまりスマートになる薬です。

薬品の代表的なものは、ピラセタムPiracetamやヒデルギンHidergine(いずれも老人性認知症(痴呆)やアルツハイマー病の薬)、バソプレッシン(糖尿病性頻尿の薬)などで、知的能力や認識能力を高めるといわれています。

リラックス うつ病 神経系用剤

合法ハーブの種類

多分予想以上に種類があると思います。

そんな中でもなぜか調子の悪い商品もありますが、以下に記載した商品はなかなか良い類と言えます。

初心者にはハードなアイテムも含まれてますので、初めは、量を加減してみて下さいね。

パラダイス
  ディアナ
  ブレイズ
  アンビエント
  ミラクル
  トリップ
  メディテーション等

「ナチュラル」と呼ぶ植物系
  「観賞用」、「ハーブ」、「お香」などの名目で販売されています。

幻覚作用のある植物を原料にしたものが多く、食べたり、喫煙して摂取します。

幻覚作用等を有するサルビノリンAを含有するメキシコ・サルビア(園芸用に栽培されているサルビアとは別な植物)、LSDに類似した幻覚作用を持つハルマラやアワヤスカ、さまざまなサボテン類やキノコなどが販売されてきました。

「自然」「植物」「ナチュラル」などのうたい文句から、安全なドラッグと誤解しやすいのですが、麻薬に指定されている、いわゆるマジック・マッシュルームとよく似た、幻覚作用のあるものが中心で、幻覚下での事故のおそれがあります。

さらに、一部の植物系販売品では、化学合成された違法ドラッグ成分を後から添加したものも確認されています。

うつ病 パイプ NoLife

合法ハーブの歴史

7~8年ほど前にマジックマッシュルーム、幻覚キノコによる事件や事故が多発し、一躍有名になったものである。

その後マジックマッシュルームは麻薬原料植物として規制された。

「合法」という割に危険なイメージが強いドラッグとはどういうものなのか。

合法とは法律で効果が認められているという意味ではない。「麻薬及び向精神薬取締法」で規制対象になっていないということ。

また日本で未認可の薬、美容や性機能の改善薬等を指すこともある。

個人で輸入することは可能でも、それを代行したり販売することは薬事法に触れるものなど法的に難しい面を持つ。

いずれの場合にしても危険性は高く、安易に手を出せるものではないという。

体験メモ アッパー系 軽くする

合法ハーブの文化

その歴史は古く、ヨーロッパではキリスト教発祥以前から使われており、ヨーロッパのキリスト教以前の宗教との繋がりが深いと思われる。

古代エジプトではイチジク・ブドウと合せてヤグルマギクやケシの仲間が栽培された薬草園があった。

現在でも、ハーブが庭に生い茂っている家に住む人や、ハーブに造詣が深い人を指して尊敬を込めてハーブ魔女と呼ぶ事がある。

ヨーロッパ中世を襲ったペスト(黒死病)の蔓延を救ったのも、ハーブの知識とされ、例えば、セージやマジョラム、ローズマリーなどを酢に漬けておいたものを飲んだり、身体につけるとペストの感染を防ぐとされた。

現在になってからの研究によるとこれらのハーブは抗酸化性が強く、免疫力を高めることが分かっている。

中世ヨーロッパでは、ハーブなどの知識に詳しかったりハーブを魔よけ等に使う知識を持った人々が魔女狩りなどで弾圧された。

キリスト教ではない宗教性と繋がりのある人々がハーブの知識などにより人々を救い、そのことにより注目された反動として、キリスト教会が後になってこれらの知恵者を弾圧したのが魔女狩りの本当の理由だと言う説がある[要出典]。

ハーブの知識は、ローマから距離的に離れなおかつローマ教会(カトリック)の影響の少ないイギリスに残った。

現在もイギリスではハーブガーデンを始めとしたハーブの知識が多く、1980年以降は代替医療として国家政策としても積極的に使用が推進されている[要出典]。イギリスから現在のヨーロッパやアメリカにもハーブの知識が伝わった。

また、ヨーロッパのハーブの知識は、移民との接触によって北米先住民にも伝わり、北米先住民の使うハーブに、ヨーロッパを原産とするセージが含まれていることもある[要出典]。

吸引 体験談 系統

違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)の危険性

違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)は、現在薬事関係法規の規制をすり抜けていることから、容易に使用されやすく、覚せい剤・大麻などへの入門(ゲートウェイ)ドラッグとも言われています。

しかし、強い有害な作用や習慣性を持つものも多く、人体に使用すると健康被害が生じる恐れがあり、非常に危険です。

マジックマッシュルームのように麻薬(原料植物)として後に指定されたものもあります。

また、使用後の死亡事件も起きています。絶対に人体に使用しないようにしましょう。

合法 持続 ハーブ

合法ドラッグ 県の対策

神奈川県では、健康被害を未然に防止したり薬物乱用を防止するため、平成14年度から違法ドラッグ(いわゆる脱法ドラッグ)の実態調査を始め、調査結果や人体への危険性について報道機関等に公表するとともに、県のホームページに掲載し、県民の方々にお知らせしています。

Club メモ体験 ジョイント

« 2010年4月 | トップページ | 2010年12月 »