« 法人税を安くしよう | トップページ | 国際的なリストラ »

インターネットのwww

wwwとはわらいわらいわらいではなく。

わーるど、わいど、ウェブの略で、インターネットで標準的に用いられるドキュメントの1つです。

WWWでは、URLを指定したり、Webページのリンクをクリックすることで、ユーザは世界中のWWWサーバに保存、公開されている情報をWeb ページの閲覧という形で受け取ることができます。WWWの情報はHTMLという言語で記述され、文章だけでなく、多くの画像や音声なども含めて保存、公開 されています。これらの膨大な情報をすべてクモの巣状(Web)に関連づけて、ユーザは次々とたどっていくことができます。

WWWサーバの情報をWebページとして見るために必要なのが、「インターネットエクスプローラ」などのWebブラウザです。ユーザのURL入力や クリックなどの操作に従って、WWWサーバとブラウザ間で必要な情報の交換や転送が行われ、ユーザの元に返ってきたHTML文書の内容をブラウザが解析 し、パソコンの画面上に表示するのです。

インターネットをみるときに、wwwが標準的に用いられてるのをあなたは直視してるはずなんですから。

HTMLとは、HyperText Markup Languageの頭文字をとったものです。この名前を少し丁寧に解釈すれば、「ハイパーテキストのための、文書に目印を付ける方法を定めた文法上の約束」ということになります。

HTMLはネットワークでつながった世界中の文書を関連づけ、それを有益な情報としてコンピュータで分析できるようにする役割を持っています。サーチエンジンによる検索データベースが実現しているのも、コンピュータのプログラムが「リンク」をたどって世界の文書を収集し、その「構造」を分析・管理しているからです。

HTMLは奥が深いのでもう少し、奥に入ってみましょう。

« 法人税を安くしよう | トップページ | 国際的なリストラ »