カテゴリー「自己破産」の記事

自己破産 料金はどのくらい?


・自己破産するにもお金がかかる


・自分で行う場合は、「同時廃止:1~2万円」・「少額管財事件:約20万円」・「管財事件:約50万円」


・弁護士に依頼する場合、これとは別に依頼料が必要になる


続きを読む "自己破産 料金はどのくらい?" »

ブラックでも100%借りれる!

ブラックで全く借りれなかった俺でも借りれるっていうのは良い世の中だと思う。

ちなみに俺は自己破産経験あり、原因はまぁ、ギャンブルだ。

合計4社から借りて一番多く借金があったのが450万。

それでも懲りずにギャンブルが止めれず、またお金を借りたって訳。

本当にダメだな。

つまり何が言いたいかというとこんな俺でも借りれる消費者金融がたくさんあるって事。

ほとんどの人が、延滞したから借りれないとか、大手で審査落ちたから借りれないって思ってるでしょ。

でもそんな事ない。

俺でも借りれたから皆借りれるよ。

ネットとかで、「ブラック 絶対 融資」とかで調べれが結構出てくるから。

ま、今はちゃんと返済してるけどね。こういう履歴が完全に消えるのは7年ぐらいかかるって言われてるから

それまでは真面目に返済はするよw

あぁ、本当はギャンブルを止めないといけないんだがなw

自己破産 料金はどのくらい?


・自己破産するにもお金がかかる


・自分で行う場合は、「同時廃止:1~2万円」・「少額管財事件:約20万円」・「管財事件:約50万円」


・弁護士に依頼する場合、これとは別に依頼料が必要になる


続きを読む "自己破産 料金はどのくらい?" »

自己破産後はどうなるの?

自己破産後の生活はどうなるのでしょうか?仕事や私生活に影響が出るのでは?と心配ですよね。

破産宣告を受けた後も戸籍などに記載されることはありませんが役所にある破産者名簿には名前が記載されます。ですがこれは第三者の目に触れるものではないので問題ありません。

それから破産をしたからと言って会社を辞める必要もありません。ただし給料を差し押さえられた場合は会社には破産の事実は知られることになります。

[PR]
お金の悩み解決しませんか?

生活に最低限必要な家財も差し押さえられる事はありませんが娯楽用品などは残念ながら差し押さえ対象となってしまいます。

一番困るのはブラックリストに登録されたことによってローンなどが組めなくなってしまうことでしょう。これは5年~10年間は覚悟しなくてはいけません。

自己破産は貶める為のものではなく基本的には救済する為の法律なのでそこまで不利益を被ることはないと思っていてよいでしょう。

[PR]
ブラックリスト(自己情報あり)でもお金を借りたい!

自己破産すると新しくクレジットカードが作れなくなるのですか?融資

自己破産すると、各金融機関が利用する信用情報機関に事故情報として登録されることになります。いわゆるプラックリストといわれる情報です。
信用情報機関は、銀行系・信販系・消費者金融系と別ですが、各機関は情報を共有しています。ですから、自己破産のような事故情報は、すべての機関に共有される情報になります。

この自己破産したという事故情報は、最大で10年間は掲載されます。
通常、どの金融機関であっても新しく融資する際には、信用情報機関に問い合わせてから融資するので、自己破産したという情報があると当然、審査は厳しくなります。

もっとも、融資の基準は各金融機関によって違いますから、自己破産したらかと言って絶対に審査に通らないというわけではありません。
最終的には、各金融機関で問い合わせてみるしかないでしょう。
また、最近は、ブラックリストでもOKという広告がありますが、このような会社はたいていは違法な金利で貸し出すヤミ金です。甘い誘いに乗らないように気をつけましょう。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

自己破産 職についての制限。

自己破産をした場合,自己破産の手続中(3~6ヶ月程度)に一定の職種に就くことが制限されます(これを資格制限といいます。)。
保険募集人や警備員などの職種については,他人の財産を管理する職種内容であることから,資格制限を受けます。
しかし,公務員については,人事官のような特殊な職種を除き,自己破産による資格制限はありません。そのため通常は自己破産をしても公務員を辞める必要はありません。

たとえば保険の代理店等を経営している場合、自己破産をしたら廃業しなければいけないか等、問題点が大きいと思いますが。

己破産をすると,自己破産の手続中(3~6ヶ月程度)に一定の職種に就くことが制限されます(これを資格制限といいます。)。
保険募集人は制限職種となっており,自己破産をした場合,自己破産の手続中は保険募集人として活動することが制限されてしまいます。ただし,資格制限は手続の期間中のみですので,手続終了後は保険募集人として活動することはなんら制限を受けません。

闇金キャッシングのBBS

闇金キャッシングと言うサイトを見つけました。

そこの闇金キャッシングBBSを見ていて気になる掲示板がいくつかありました^^

掲示板の種類なのですが、現段階でこんなに!↓
正直書き込みが気になるものが数点あります^^
皆さんの書き込み早く増えないかな~・・と思いつつブログに載せてみちゃいました。

融資情報とか非常に気になります。

●自己破産して一年 そろそろ融資が欲しい
●アエル情報です
●任意整理中です><
●グッドサーチについて…
●レイクの審査時間
●消費者金融の審査
●助けてください 本当にこまってます
●アイアイユニバーサルキャッシング
●ネットバンク
●ポケット信販について教えてください
●短期の闇金利用かんがえてます。
●ヤエス信販
●ファイブワンキャッシュ
●国内保証援助会の集団訴訟について
●青森ライフリカバリー支援センター

後々自分も書き込みしてみようなんて考えています。

自己破産等、債務整理をされた方が四苦八苦せず融資が可能なのか?
任意整理中の方が何を書き込むのか?
かと思えば故障援助会とか。
とても面白そうです^^

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

自己破産融資

違法年金担保融資というのは、収入のない高齢者を狙って、年金受給権を担保にした違法な融資のことをいいます。

 違法年金担保融資業者の手口としては、スポーツ新聞等で、中高年融資・年金立替・シルバーライフの応援などと広告を出して高齢者を対象に勧誘していたりします。特徴として、最初の融資に際し、年金証書・銀行通帳・印鑑・キャッシュカードを取り上げてしまう手口が多いようです。

業者は、2ヶ月に1度銀行に振り込まれてくる年金を自らが銀行に出向き、全額を引き出し、融資した金の返済に充てると言う名目で取り込んでしまうのです!その結果、年金受給者は生活に困り、自分の年金であるはずのお金を、追加融資という形で受け取ることになります。
これではますます借金は増えていくばかりです。

原則的に年金を担保に融資を受けることはできないと考えてください。
例外もあり、公的年金担保として、福祉医療機構などがありますが、手続が複雑な上、手続を代行して、だまし取ろうとする業者も増えてきているようです。

また、お金をもらえるまで、1ヶ月以上かかり、今、融資が必要な人には待ちきれない部分があります。
また、金利は安いが、返済条件が厳しいのがあげられます。

以前は、年金全額を返済に充てなければいけなったのですが、今は半額返済というのもありますが、それでも、厳しいことには変わりないでしょう。

また自己破産した場合でも、悪徳業者以外は免責されない現状もあります。被害にあってしまった場合の救済としては、まず年金を確保しましょう!

被害者の生活資金として、年金の確保をまず考え、業者への通帳その他の返還請求、返済に応じない場合に振込先口座の変更、口座変更が間に合わない場合には通帳や印鑑、キャッシュカードの紛失届けなどをして、年金を守りましょう。
法的対応に訴えたり、監督官庁への行政処分の申し入れなどもできます。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

自己破産への道

多重債務者はお金を返すためにお金を借りています。

そしていずれまわらなくなり自己破産への道を辿ります。

消費者金融などからお金を借りると即日融資ですが、金利が高いことが多いです。
お金を借りることが悪いことではなく、お金を返せないということに問題があるのです。

消費者金融やクレジット会社ってどんなところなのでしょうか。
街角の看板などでよく見かけるキャッシング会社では、
プロミス
が、よく知られています。

お金を借りるを方法知りたい人は、インターネットでたくさんの情報が転がっています。信憑性のない情報もありますが、しっかりとした情報もあります。
お金を借りるなら低金利で借りたいというのが誰しもが思うことです。しかし、全体的な視点でみないと目先の低金利だけでは本当にお得なのかどうかがはっきりと分かりません。
低金利でお金を借りるには公的な機関がいいとよく聞きます。確かに金利だけみると安いのですが、その他の事務手数料などを含めるとそうでもないことがありますので注意しましょう。
役所でお金を借りることを相談に来る人が多いようですが、お役所ではお答えできませんので銀行などの金融機関に行きましょう。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

破産手続き/融資

最近、安易にカードを利用した結果、カード破産する人々が増えています。
破産とは、借主がその借金を返済することができなくなった場合に、借主の全財産から全ての貸主への公平な返済を主な目的としてなされる裁判上の手続のことをいいます。この破産手続を自ら申し立てる場合を自己破産といいます。破産宣告がなされると、貸主が個別に借主に借金の取立てをすることができなくなります。したがって、借主は、債権者の取立てから解放されるというメリットがあります。破産宣告を受けても、選挙権を失うことはない上、戸籍や住民票に何らかの記載がされたりすることはありません。

しかしメリットばかりではありません。
役所の「破産者名簿」というものには、名前が載ります。これは第3者の目に触れるものではありませんが、市区町村発行の身分証明書には破産したことが記載されることになります。
カードで無計画に買い物をし、その借金を返すために、またカードを作るなどというパターンの場合、破産法の免責不許可事由にあたることがあります。
また、破産手続費用として、裁判所に予納金を納付する必要があります。
さらに、破産手続にはかなり時間がかかります。

審査甘い消費者金融

消費者金融審査甘いブラック可

金融ブラックリスト融資NAVI

人気サイトランキング
はてなRSSに追加 livedoor Readerに追加 My Yahoo!に追加 Googleに追加 goo RSSリーダーに追加 Bloglinesに追加 Technoratiに追加 PAIPOREADERに追加 newsgatorに追加 feedpathに追加

より以前の記事一覧