カテゴリー「お金etc」の記事

法人税を安くしよう

法人税とは、会社があげた利益に対する税金のことです。個人の所得に課税される所得税と並び、日本の租税の体系の中心となっています。

また、法人税の中にも普通法人と、公共法人、公益法人などがあり、税率が変わってきます。

普通法人は、原則30パーセント。その他、国や地方公共団体、宗教などの運営の法人税は非課税となっています。

法人税の場合、原則としてその会社の事業年度終了(決算期末)の翌日から2ヶ月以内に>確定申告をしなければなりませんが、大会社(会計監査人の監査を受けなければならない会社)の場合は、3ヶ月以内に確定申告することとなっています。

しかし、法人税は少なくする努力が必要です。なにも、脱税をしろといってるわけではありません。

役員報酬金額の上手な設定や、関係会社間取引の利用で法人税額を抑え込むことは十分可能です。

法人税について詳しく知りたい方は。